教育ローンとは

 

自分の子どもには、十分な教育をしてあげたいですよね。大学に行きたいと言っているのに、お金が無いばっかりに大学進学を諦めてもらった…なんてことが無い様にしたいですよね。今現在お金が無くても、教育ローンを利用すれば進学は可能です。

 

ところで、教育ローンとはどんなローンのことなのでしょうか?ここでは、教育ローンとはどんなローンなのかについて説明しましょう。簡単にいうと、教育ローンとは、子どもの学費などの教育費を資金用とにしたローンです。

 

教育ローンは、大きく分けて二つのローンがあります。国の教育ローンと民間の教育ローンです。具体的にどのようなローンがあるのでしょうか?国の教育ローンで有名なのは、日本政策金融公庫の「教育一般貸付」です。他には、郵便貯金・簡易生命保険管理機構の「郵貯貸付」であったり、雇用・能力開発機構の「財形教育融資」などがあります。

 

また、民間の教育ローンは、銀行や信用金庫など様々な金融機関において、様々なプランの教育ローンがあります。一般的な傾向として、民間の教育ローンの方が国の教育ローンよりも金利が高めなのですが、無担保で保証人が必要ないことが多く、自由度も高いのでおススメです。お金が原因でお子さんの進学を諦めさせることがないように、教育ローンを検討してみてくださいね。

 

教育ローンは、何がおすすめ?

 

教育ローンに限らず、ローンを選ぶ際には、できるだけ低金利のローンを選びたいと思うのは当然の話です。そうなると、やはり国の教育ローンなどの公的ローンを選びたいですよね。しかし、公的ローンは条件が厳しいことが多いです。条件が合わなくて利用できない人も多いのです。

 

そうなると、やはり民間の教育ローンを利用することになります。民間の教育ローンなら、無担保で保証人が必要ない場合も多いので利用しやすいのです。教育ローンが必要になる受験や入学シーズンになると、金利優遇キャンペーンを行う金融機関も少なくありません。こうした金利優遇キャンペーンを利用するのもおすすめです。

 

では、教育ローンのおすすめにはどのようなものがあるのでしょうか?教育ローンを選ぶ際には、やはり金利を重視して決めることでしょう。金利には、固定型と変動型とがあります。短期間で返済できる場合には変動型でも良いですが、長期的な視点で考えるのであればおすすめは固定型です。

 

また、教育ローンの返済に関してですが、在学中は両親が金利の返済のみを行って、元本は大学を卒業してから本人が返済することができるものもあります。いろいろと検討して、一番ベストな教育ローンを選んで欲しいと思います。

 

国の教育ローン

 

教育ローンには、国の教育ローンと民間の金融機関の教育ローンとがあります。教育ローンを利用するなら、金利が低い国の教育ローンを利用したいですよね。ここでは、もう少し国のローンについて説明しましょう。

 

国の教育ローンには3つの種類がありますので、それぞれ説明していきましょう。一つ目は、政府系金融機関である国民生活金融公庫が行う教育一般貸付です。そして、二つ目は、郵便局が行う郵貯教育貸付です。そして、三つ目は、国民年金と厚生年金の加入者を対象にした年金教育貸付です。

 

国の教育ローンは、金利が低い分、利用するためには様々な条件をクリアしていなければなりません。上記の三つの教育ローンの中で一番多くの人が利用できると考えられるのが、教育一般貸付です。家庭の年収が990万円以下(自営業の家庭は770万円以下)で、融資の対象になる学校に通う子どもがいる場合に利用できます。教育一般貸付は融資限度額が200万円もあるので、条件をクリアしていれば是非とも利用して欲しいと思います。

 

また、年金教育貸付は、年金加入期間が10年以上あり、尚かつ利用する申込前の2年間で未納期間がなく、尚かつ教育一般貸付と同じ年収以下というのが条件があります。そして、郵貯教育貸付は、一番対象者が限られます。教育積立郵便貯金の預金者が利用できるもので、貯金残高の範囲内であれば最大200万円まで借りられます。

 

国の教育ローンの金利

 

子どもの教育費は、馬鹿になりません。高校や大学に進学することを考えると、かなりの負担になります。私立の学校に進学したり、下宿することになったりするとなると本当に大変ですよね。そんな時、少しでも教育費の助けになる制度があれば、利用したいですよね。

 

おススメなのは、国の教育ローンです。教育ローンは、銀行などの民間でもあるのですが、国の教育ローンは金利が低いのでおススメなのです。また、国の教育ローンは固定型金利な点もおススメです。変動型の金利だと、返済中に返済額が変わってしまうので、返済計画が立てにくいのです。

 

では、国の教育ローンの金利について、もう少し詳しく説明しましょう。平成26年2月現在、金利は年2.35%になっています。
ただし、母子家庭や低所得家庭の場合は、1.95%になります。国の教育ローンは、子ども一人あたり300万円まで利用できます。

 

国の教育ローンを利用したとして、返済はどのようにしていったらよいのでしょうか?
返済は、元利均等返済です。つまり、元金と利息を合わせた毎月の返済が一定になる返済方法です。
ボーナス月に増額返済することも可能です。子どもの在学中は、両親が利息のみを支払うというのも可能です。
子どもが就職してからなら、返済も楽ですよね。

 

日本政策金融金庫の教育ローン

 

教育ローンを利用するのであれば、金利が低い国の教育ローンを利用したいですよね。
国の教育ローンにはいくつかの種類があるのですが、一番多くの人が利用できるのが、日本政策金融金庫の教育ローンである教育一般貸付です。日本政策金融金庫とは、政府系の金融機関です。

 

ここでは、日本政策金融金庫の教育ローンである教育一般貸付について説明しましょう。
国の教育ローンは、金利が低い分、利用条件が厳しいと言われています。
しかし、教育一般貸付は、比較的条件が厳しくないと言われています。
教育一般貸付の融資額は、学生一人あたり300万円になります。

 

ところで、教育費と言われて、具体的にどのようなことに利用できるのでしょうか?
入学金や授業料などの学校納付金であったり、受験料であったりはもちろん、下宿の家賃や教材費などにも使うことができます。
パソコンの購入費用に当てるのもOKですよ。

 

では、教育一般貸付を利用しようと思う場合、どうしたら良いのでしょうか?
国民生活金融公庫の各支店や、国の教育ローンを取り扱っている金融機関で受け付けてもらえます。
また、日本政策金融金庫の教育ローンである教育一般貸付は、条件を満たしていれば、他の国の教育ローンと併用することもできます。

更新履歴


このページの先頭へ戻る